Menu Close

当たりやすい競輪

競輪というと、競馬に比べるとあまり世の中の人に知られていない公営ギャンブルではありますが、意外にギャンブルの初心者の人にとってはかなりオススメのギャンブルです。

その理由の一つが的中率が非常に高いことが挙げられます。
競馬を始めてする人は単勝からスタートすることが多いと思いますが、競輪の場合はこの単勝のかけ方がありませんが、単勝と同じくらいの確率の高さでワイドや二枠複などの買い方があります。
大体数パーセントの確率で勝つことができますし、オッズもそこそこの倍率になりますから、ずっと負け続けになるなんてことは少なく、当たったときの楽しさを感じることができるという点で競輪は初心者に優しい公営ギャンブルになっています。
ご存知の通り、競輪は人が自転車をこぐという分かりやすい競技です。
競輪の選手がオリンピックに出場するなんてこともありますから、ある種サッカーのtotoクジのようにスポーツを観戦しているような興奮も味わいつつ、ギャンブルとしての性質に研ぎ澄まされており、非常にコンパクトな時間の中でギャンブルの高揚感と楽しさを感じられるという点が大きな魅力になっています。
競輪は空気抵抗との戦いであるとよく言われます。

スタートして最初はのろのろと選手全員がゆったりこいでいきます。
初めて競輪を見る人は、競馬のスタートのように一斉に全力で走っていくものと考えていることが多いため、驚かれることもあるのですが、前にも言ったとおり「空気抵抗をいかに読むか」という駆け引きが最初にはあります。
最初は2名くらいの選手がラインを読みながら、塊になり、周回を重ねるにつれて順位はだんだんと安定していきます。
その安定するまでの駆け引きが競輪の面白さの第一段階です。
そして、周回が少なくなってきてラスト周に差し掛かるころに面白さのピークである競り合いをする第二段階がやってきます。
じわじわと順位が入れ替わり、急激に自転車のスピードが上がってきます。
今まではある種団体戦でラインを作って順位を変えさせないという攻防から、最後は個人戦になり、どうやって順位を変えるかという戦いに切り替わります。

このスイッチの変化が競輪を見ている上で大きな魅力ですし、競馬も最後の直線に盛り上がるのと同じように、競輪もまた最後の一周に選手の全ての力が注がれ、賭けた人々の思いもそこで一体となり最高潮に達します。
この興奮は三連単方式で賭けていたときにより強く感じられますし、500分の1という高確率で高いオッズがつくため、夢を感じられるのでオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です